いただきます!ギャラリー 2015年度

2015.11.05 Thursday 21:00
0
    ★二学期★


    11月カレー 秋野菜満載のまろやかカレー♥


    10月食育.jpg
    10月の食育の日 掘ってきたお芋でお芋ご飯&芋けんぴ!


    9月カレー 食欲の秋 モリモリ完食!


    9月食育 恒例お月見団子

    ★一学期★

    8月誕生会 バックの模様はみんなの手形スタンプです


    7月誕生会


    7月食育 七夕にぎやかそうめん


    7月カレー


    6月誕生会


    6月食育 ポテトサラダサンド


    5月誕生会 スポンジ重ねケーキ黄桃のせ


    5月カレー 始まりました!平成27年度初カレー



     

     


     






     
    category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

    3月の食育の日

    2015.03.16 Monday 00:00
    0
      たくさん「いただきます!」と言って、よく食べた一年間でした。
      このブログの記事の数も「いただきます!」が圧倒的に多かったです。

      今年度最後の食育の日は、お子さまランチとスープを作りました。

      今回 子どもたちは、もくもくとお料理をする先生達のアシスタントとして活躍しました。
      年長組と年中組の子どもたちは、スープの野菜を切りました。
      ポテトサラダ用にゆでたじゃが芋を年長組の子どもたちが剥いて、年少組と最年少組の子どもたちが潰しました。
      年少組と最年少組の子どもたちは、いんげんのスジを取ったり、半分に折ったりもしました。

      お皿の上には、ケチャップライスミートボールポテトサラダいんげんのソテーチーズキッス、そしてゼリーも載せて、最後に一人ひとり自分の旗に絵を描いて 旗 ケチャップライスに立てれば、お子さまランチの完成です。

      3月食育?.jpg 
      残念ながら、このお子さまランチには旗が立っていません。
      チーズキッスものせ忘れてしまったみたいで、すみません。

                 
      3月食育?.jpg

      「食べること」は「生きること」
      楽しいお食事をいろいろな人と一緒に味わう経験を、大切にしていきたいですね。



       
      category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

      3月の誕生会

      2015.03.10 Tuesday 00:00
      0
        誕生会もついに今年度最後になりました。
        3月生まれの子どもたちは、やっと順番が回ってきた!という感じですね。

        今回の誕生会のおやつは、子どもたちの大好きなお話の世界から飛び出してきました。

        誕生会では、パネルシアター(不織布に、切り抜きの絵を貼ったり動かしたりして劇をする手法)で先生たちが熱演\(^o^)/する「なかよし いちばんばん」シリーズというものがありまして、「ゾウタ」「トラオ」「パンダコ」の三人が登場してお話が繰り広げられます。

        今月はなんと!その三人組がパネルシアターから飛び出して来ました!
        ある日、三人がチョロチューとウサギコに誕生日のケーキを届けようとするのですが、自分がケーキを持とうとして取り合いになり、ケーキを落としてしまいます。
        パンダコは、ケーキの作り方は知っているのですが材料が分かりません。こもれび園の子どもたちに聞いてみると…「小麦粉!」「卵!」「牛乳!」「砂糖!」と口々に教えてくれました。
        パンダコ「砂糖は、こもれび園にあった」ゾウタ「小麦粉はロバさんのところにもらいに行ってくる」トラオ「卵はにわとりさんのところで分けてもらおう」パンダコ「牛乳はウシさんのところで絞ってくる」とそれぞれ材料を手に入れに出かけます。
        三人は、集めた材料(本物)でケーキを作ります。仕上げにパンダコは、こもれび園の二階のキッチンにケーキを焼きに行きました。…そして「出来た!」とケーキ(本物)を持って降りてきました。
        三人は、今度は仲良く「ケーキを届けに行って来ま〜す!」 よかったよかった

        そして、おやつの時に登場したのが、「なかよし いちばんばん」で作ったケーキです。
        子どもたちの間から歓声が上がりました。


        3月誕生会.JPG

        三人が作ったケーキ、特別おいしかったでしょう?
        実はスポンジはO先生の手作りです (^O^)

        みんな一つ大きくなって、4月には次の学年に進級・入学です。
        春はもう、すぐそこに…sakura

         
        category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

        2月のカレー

        2015.03.05 Thursday 00:00
        0
          今年度最後のカレーです。

          2月カレー.jpg

          早いものですね。今年度も残りわずかとなりました。

          一年の間にこもれびカレーには色々な材料が入りました。野菜の名前も沢山覚えました。
          今では三つ葉とセリの区別がつきます。
          キノコ類も6種類かな…覚えました。
          始めはキャベツとレタスがあやふやだったのにすごいでしょ!
          ホウレンソウと小松菜の葉の違いだってわかる様になりました。
          実物を見て、味わって覚えていきました。

          来年度はどんな野菜が入りますか、楽しみです。
          ご家庭からは、お野菜など食材のご協力を頂き、本当にありがとうございました。

          保護者の方には調理のお手伝いも自主的にお声をかけあって来て下さり、毎回お母さんが居るこもれび園のキッチンを子どもたちが嬉しそうにのぞいていたのが印象的でした。

          職員も、保護者の方々から家での子どもたちの様子を聞かせて頂いたりして、楽しいひと時をすごさせて頂きました。
          ありがとうございました。 又、来年度もお手伝いお待ちいたしております! 
          よろしく〜(^O^)/

           
          category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

          2月の食育の日

          2015.02.22 Sunday 00:01
          0
            2月の食育の日に、ハヤシライスを作りました。

            冬をイメージして、雪だるまごはんにしました。
            子どもは雪遊びが大好きです。やりたいことは「寒いのも冷たいのも平気!」にしてしまいます。
            やる気ってすごいですね。


            食育の日2月?.jpg


            食育の日は、園の皆が調理に関わるのですが、学年によってアプローチが違います。

            年長組の子どもたちは、食材を「半分に切る」ことをしました。
            例えば、じゃが芋をまず半分に切って1/2にする。更に1/2のものを半分に切って1/4にする…という風に、目分量で測ることを意識するようにしました。
            ものの量というのは、数値で表されればその大小(同)が簡単に分かります。実際の「もの」ではなく、数を比較すればいいからです。ですが、目分量というのは経験を重ねることで身に付く力です。
            形が均等でないじゃが芋を、半分にするにはどこを切ればいいか、あたりをつける。
            お椀に残った料理を容器に移す時に、どの大きさの容器が適当かを選ぶ。
            いくつかのコップに同じだけ飲み物を入れたい時に、だいたいどれくらいの量を注いだらいいかを決める。 
            … いろいろな経験値を増やして欲しいものです。

            年中組の子どもたちは、「置く手を猫手にする」ことを意識して食材を切りました。
            道具を使いこなすには、目と手の協応といって目で見た情報(例えばじゃが芋と左手、右手と包丁の位置関係)を認識して、手をどのように動かせばいいのか(芋を切るには包丁をどう動かすか)を判断して両手を動かすといった一連の動作が連携することが必要になります。包丁とじゃが芋ばかりに気を取られてしまうと、左手を切ってしまいます。(痛いです)
            大人になれば無意識にしていることですが、実は様々な動作の組み合わせをしかも連続して行っているわけです。(すごい!)
            調理は、出来上がった後に皆で一緒に食べるという、美味しい、嬉しいことが待っています。
            楽しく経験値を増やしていきたいですね。

            年少組の子どもたちは、「食材を切る」ことに挑戦しました。
            年長・年中組の子どもたちの様にはいきませんが、先生に手を添えてもらって、最初の一歩です。
            自分たちが持ってきた食材を切る。当事者感覚(大切です)が持てると食欲もわきます。
            出来上がるのが楽しみ!そして、食べると美味しい!

            最年少組の子どもたちは、ハヤシライス作りの「お手伝い」をしました。
            ハヤシライスのルーを「チョコレート!」と言って箱から出しました。
            そして、先生が切った食材を一人ひとり鍋の中に入れました。
            ひよこ組さん、お手伝いありがとう! おいしいチョコ?ハヤシライス?が出来ましたよ。


            というわけで、こもれびハヤシライスに私(職員n)も関わってみました。
            食育の日2月?.jpg

            写真の違いが分かりますか?


             
            category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

            節分会

            2015.02.04 Wednesday 00:00
            0
               今年の恵方は、庚(かのえ)でおおよそ西南西!

               すっかり全国に定着した恵方巻ですが、節分といえばやはり豆まきです。
              無病息災を祈って豆(魔目)まきをした後、歳の数だけ炒った大豆を食べると一年間病気にならずに健康でいられると言われています。
              歳の数というと、子どもは5個6個ですが、親は30個〜、おじいちゃんおばあちゃんになると60個〜と結構な数になりますが、これは歳を重ねるほど動物性のたんぱく質よりも植物性の大豆たんぱくを必要とするからだそうです。生活の知恵ですね。

               こもれび園では、折り紙で升を折って内側にふくを、外側の底に鬼の字を書いたシールを張りました。(鬼の字が福につぶされて角がなくなっています。先生の誤字ではないのでお間違えの無い様に)
              升の中のまめに自分の嫌なところを叫びました。話を最後まで聞かない。言う事を聞かない。嘘をつく。忘れ物をする。すぐ「分かんない」を言う等色々でてきました。聞いていて切実でおかしくなりました。(先生は風邪や病気にならないぐらいでいたのに)
               その後
              豆をまきをしました。豆と一緒に嫌なところも出ていったことを祈ります。鬼は外3回 福は内1回 撒きました。
              次に恵方巻(に見立てたかんぴょう巻)を西南西に向かってお話をしないで食べきりました。静かでしたよ!
              煮干しも食べて、頭をヒイラギにつけて、かざりました。鬼が寄り付きませんように。
              その他にも鬼のあしあと(に見立てたあめ)【鬼の逃げたあとには福があるそうです】を食べました。


              節分.jpg

              日本の伝統行事を大切にしていきたいですね。風土に合った生活がありますね。
              冬はいよいよ佳境です。節分の次の日は立春で春が始まりますが、この頃が一番寒いそうです。
              北風に負けないで、冬を乗り越えましょう!

               
              category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -