1月のカレー

2015.01.31 Saturday 00:11
0
    陽の光はすっかり春なのに、風はやはり真冬の冷たさです。
    温かい食べ物や飲み物が嬉しいですね。

    1月のカレーは…
    玉ねぎ・人参・じゃが芋・さつま芋・エリンギ・こんにゃく・にんにく・ほうれん草・干し大根・高野豆腐・リンゴ・大豆・白滝・ニラ・きゅうり・ピーマン・ミニトマト…

    毎回、カレーの中に何が入っているかをもぐもぐ…「○○!」と言い当てている子どもたち。味はもちろんのこと、歯ごたえや色・形と様々な野菜を識別できるようになります。

    今回は、きゅうり1本?私もきゅうりをカレーに入れたのは初めて。これは輪切りにして「あたり」にするしかない!子どもたちは飛びついて、「あたり」があった!なんて楽しんでいました。
    じゃあピーマンはどうしたかというと、緑の色がほかにもあります分かるかな〜で。通しちゃいました。
    お家でもやってみて下さいね。きっと楽しく色々な物を食べてくれますよ。

    今回も沢山の食材をお持ち頂きまして、ありがとうございました。

    具だくさんのカレーで元気もりもりです!

    1月カレー.JPG

     
    category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

    1月の誕生会

    2015.01.28 Wednesday 00:00
    0
          三学期最初の誕生会です。

       お正月は楽しく過ごされましたか?
      帰省や旅行、日帰りのお出かけなど、家族で外出された方も多かったのではないでしょうか?
      子どもを連れての外出は、準備の段階から帰宅するまで何かと大変ですね。それでも外出先で見聞きしたことや家族で体験したことは、先々家族の思い出話として、何回も家族を楽しませてくれると思います。

       その時にはさして感想を述べなかったことでも、後々家族で話題にしていると、意外と話にのってきたりすることがあります。言語表現力がついてくるにしたがって、小さいころには表現しきれなかった状況や心情を、その年齢なりの表現で話すことができるようになるからです。
      その時は表現できなかっただけで、実は意外と人やものごとをよく見ていた(見られていた)んだなと驚かされたりします。
      時間が経ってから以前のことを聞いてみると、お子さんについて意外な発見があるかも知れません。

       また、思い出話というものは芋づる式(?)に「時効もの」を誘い出すことがあります。
      昔の話をしているうちに、「そういえば、その頃あった★★(事件)…」とか「○○といえばさ…」などなど。
      その当時は「怒られるから」という理由だけではなく、大人から浴びせられる様々な質問にことの経緯を上手く説明できないから黙秘あるいは「分からない」「知らない」「忘れちゃった」「憶えていない」を通す事も多く(身に覚えないですか?)、時間が経って(成長して)その時の登場人物や物事が事件にどういうふうに関係していたのかを客観的に説明できるようになって初めて説明したり、話して聞かせてくれたりすることがあります。
      なるほどそういう事だったのかと真相が明らかになって安心し、「今(の自分)ならこうしてた。」とか「いやいや、こうしてたらよかったんじゃないの?」などど、「時効もの」でまた家族が盛り上がったり出来ますね。

       繰り返し話に花が咲いて出来てきた家族定番の思い出話というのは、子どもたちが思春期に入って今の自分の話題には口が重たくなっている時に、安心して話せる(話の一部始終が分かっているのですからお互い気が楽です)エピソードとして、親子の会話を繋げてくれたりもします。
      日常的に会話を交わす習慣が無くなってしまうと、本当に話がしたい時に声を発せられなくなってしまいます。
      思春期はデリケート。「話しても分かってくれない」「恥ずかしい」「かっこ悪い」でも自分の事を見て欲しい。
      話を一番聞いて欲しい時期でもあるのですが…  プライドが…

       何年か先に、〇歳のお誕生日の頃に「あんなんことがあった。」「こんなことがあった。」と思い出して話せるといいですね。
      たくさんの楽しい話に花が咲ますように…

          お誕生日おめでとうございます。

         
      category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

      12月の食育の日

      2014.12.20 Saturday 00:00
      0
        12月の食育日は、クリスマス会とのコラボレーション企画でした。

        食育の日の前日に、年長・中組の子どもたちは、みんなの分のクッキーの生地を作りました。
        一晩生地を寝かせて食育の日当日には、全員の園児が一つずつクッキーの型抜きをしました。
        型抜きをしたクッキーは、その日には食べないで、一つひとつラッピングしてクリスマス会の日にツリーのオーナメント(ジンジャー抜きクッキー)として飾り、クリスマス会が終わったら、自分のクッキーを持ち帰りました。

         かわいく出来たでしょ?


        子どもたちが自分用に型抜きをしたものとは別に、先生お手製のクッキーをアイシングしてお土産にしました。


             


        さて、食育の日当日は、先生が煮こんだ「根菜たっぷりクリームシチュー」を食べたあと、デザートに「りんごのうさぎ」と自作の「かんたんクリスマスミニサンデー」をいただきました。
        かんたんクリスマスミニサンデーは、
        小さくカットしたスポンジの上に生クリーム・スポンジ・生クリームと層を作り、チョコレートソースをかけて干しぶどうをのせて作りました。これまた先生手作りのツリーを飾って出来上がりです。シンプルですが、美味しいです。
        根菜たっぷりクリームシチューは、大根・レンコン・人参・さつま芋・キャベツ・白菜・ウインナーソーセージと平打ちうどんをカットしたものを煮込んで作りました。隠し味に味噌を入れているので、体がとても温まる、ホッとする味です。

        12月食育?.jpg

        明日はクリスマス会の日、そしてその次の日からは冬休み、という日にみんなでいただきました!

        クリスマス・お正月と美味しい時間が増えそうですね。食べ過ぎに気を付けて、楽しい冬休みをお過ごし下さい。

        ★★★ I wish you a Merry Christmas  and  a Happy New Year ! ★★★


         
        category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

        12月のカレー

        2014.12.12 Friday 00:00
        0
          12月のカレーは、いつもにも増して元気が出るカレーになりました!

          元気のもとは…
          玉ねぎ・人参・レンコン・里芋・長芋・キャベツ・白菜・ほうれん草・りんご・エリンギ・しめじ・マッシュルーム・スナップエンドウ・ピーマン・こんにゃく・昆布・にんにく・納豆・トマトピューレ・はちみつ・クミンシード・ローリエ

          今回、個性を発揮してくれたのは、にんにくと納豆です。
          冬に向かって免疫力・体温を高めてくれます。風邪の予防にもなりますね。


          12月カレー.jpg

          根菜ごろごろ&酵素の力で冬を乗り切りましょう!

          今回も沢山の食材をお持ち頂きまして、ありがとうございました。

          風邪などひかないように気を付けて、元気にお過ごし下さい。






           
          category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

          12月の誕生会

          2014.12.08 Monday 21:02
          0
            二学期最後の誕生会です。

            今回の誕生会では、以前先生が作った大型紙芝居『窓からおくりもの』を楽しみました。
            街はすっかりクリスマスの装いです。
            O先生お手製のシフォンケーキをいただきながら、サンタさんの話で盛り上がりました。
             
                

            クリスマスの月に生まれると、お祝いが増えて嬉しいですね。
             
              お誕生日おめでとうございます。
                    &メリークリスマス!


             
            category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -

            11月の食育の日

            2014.11.22 Saturday 00:21
            0
              秋の恵みの代表選手、さつま芋(お芋掘りをして来た物ですよ)が大活躍!

              さつま芋のクリームシチュー
              さつま芋のパンケーキ
              さつま芋のジャーマンポテト

              大きい組(年長・年中組)の子どもたちは、クリームシチューとジャーマンポテトの食材を切りました。
              クリームシチューは乱切り。
              ジャーマンポテトは拍子切りにしました。
              ジャーマンポテトを炒めることにも挑戦しました。

              年少組の子どもたちは、蒸したさつま芋を味噌漉(こ)しで濾(こ)して、パンケーキの生地に入れました。
              甘くて美味しいパンケーキが出来上がりました。

              食べてばかりですけれどこれが大切!


              お料理というのは、不思議ですね。
              同じさつま芋でも、メニューによって味が違って感じられます。
              煮る・蒸す・炒めるなど調理の仕方や、乱切りや拍子切りなどの切り方でも違ってきます。

              私が子どもの頃は、インスタント食品が無かったわけではありませんが、まだまだ非日常的な食べ物でした。
              家では、母が食材を調理して食事を作る姿を、毎日見ながら育ちました。

              自分が調理をしなくても、食事が作られていくまな板と包丁の音や、鍋の煮える音を聞き、香りを嗅いで過ごしていました。
              それだけ調理するという事が身近で当たり前の事でした。

              当時は今のように、多種多様な半調理食品や完全調理済食品が無かったので、食材から調理する他なかったのです。
              いざ自分が食事を作る立場になった時、しっかり花嫁修業(古い!)をしたわけではありませんでしたが、だいたいの作り方の察しがつきましたし、よく分からなければ、料理の本を見れば書いてある料理用語、乱切りや拍子切り、茹でこぼす、さらす、面取り、さし水(びっくり水)…などの意味が分かりました。


              今は「おふくろの味」が「袋(レトルトパック)の味」と言われる時代です。
              自分で調理しなくても、出来上がった食事が突然目の前に現れる事が不思議ではない時代です。

              「食べること」は「生きること」。
              その食べるものを、自分の手で調理できる人になって欲しいと願っています。
              少なくとも、どんな過程を経て出来上がっているのか、何が材料として入っているかを、想像できる人になって欲しいと思います。


              みんなで作ったお食事を、みんなで美味しくいただきました!






              食事作り(調理)は、出来上がりを空想しながら行う作業です。味・匂い・出来栄え…これが脳の活性化につながります。

              子どもだけでなく、大人も楽しみながら作って下さいね。

               
              category:いただきます! | by:こもれび園 | - | - | -